• このエントリーをはてなブックマークに追加

ノベルティ商品の種類にある魅力とは

ノベルティといえば、グッズや配布などのキーワードで知られていて、例えばティッシュやボールペンなどが代表的で有名です。現在は、ニーズの多様性によって種類が増えているので、従来のイメージよりも充実感や選べる楽しさが広がっています。 ティッシュは消耗品で、同じくボールペンはもう少し実用的ですが、それでも使ってしまえばなくなります。一方、マグカップは実用的な上に、長く使ってもらえる長寿命なアイテムに分類されます。 種類が充実している現在では、飲み物を温かいまま持ち歩ける保温ボトルであったり、外出時に使用可能なイヤホンなども登場していて人気です。 ショッピングに使えるトートバッグなどは、取り入れるデザインによる宣伝効果が期待できるので、利用シーンや用途に合わせて多様な種類から選べる、文字通りの自由度の高さが魅力となっています。

ノベルティ商品が選ばれる理由は何処にあるのか

このような商品が選ばれるのは、やはり単価が安い物から選べる、費用対効果の良さが理由の一つでしょう。単価が手頃なので、受け取る人はもらっても気を使わずに済みますし、安くても実用性があることから日常的に使えます。 しかも、名入れやオリジナルデザインを加えることで、他では手に入らないオリジナル性を付加できますから、市販品よりも特別感が増します。何よりも、種類の充実感が選びやすさに繋がっているので、選ばれているこれらの理由には、どれも説得力があって納得できるはずです。 企業の販促やイベント用にグッズを作るとなると、選択肢や予算がネックになりますが、安くて豊富な専門店はこれらの悩みを解消しています。単価が1個あたり50円未満という物も珍しくないので、オリジナルグッズを検討しているなら、カタログに目を通してみる価値は十分にあるでしょう。

ノベルティとは販促に役立つ商品のことです

元々は珍しい物事を指す言葉でしたが、今では宣伝効果のあるちょっとしたグッズと認識されています。販促の二文字は、既にビジネスにおいて定着していますし、グッズを作って配布することも珍しくありません。 少なくとも、商品は実用的な物ばかりですから、作って損をする心配はまずないといえます。逆に、グッズがないと販促活動は難しくなるので、手頃な物でも何か作っておくと便利です。 ボールペンは定番ですが、安い物だと1本30円で作ることが可能ですから、費用対効果の優れる実用的な販促品として役立ちます。変わり種を選べるのも、選択肢の豊富なグッズの良い所で、予算と相談しながら喜ばれる一品を用意できます。 グッズはどれも、企業やイベント名などの名入れに、オリジナルイラストや写真の使用もできるので、他にはない特別なアイテムが欲しい時におすすめです。