• このエントリーをはてなブックマークに追加

通販店を利用して魅力あるノベルティを購入しましょう

通販サイトの中には企業アピールやお店に宣伝などに最適なノベルティ販売を行っているお店もあります。販売品は既製品になりますが、購入時に名入れをして貰う事でオリジナル商品にする事ができます。
名入れには、企業名やロゴマーク、ブランド名など印刷する事ができます。展示会の時など、ブースに来てくれたお客さんに配布を行う事でアピールができるわけですが、単に配布を行うだけでなく、名刺交換を目的として配布を行えば、名刺交換率を高める効果にも繋がります。
尚、大量配布などの場合は1つ当たりの金額を抑える必要がありますが、通販サイトの中で販売している商品は100円以下の商品や400円以下の商品などのように、金額で絞り込みができるケースもあり、予算に応じて必要数を買う事ができるメリットもあります。

ターゲット顧客に応じて定番アイテムがある事を把握しましょう

企業の宣伝やアピールに繋がる販促品の事をノベルティと呼びますが、販促品を誰に提供するのかで選び方も変わってきます。例えば、展示会上で配布を行う時にも、会場に訪れる顧客が企業関係者の場合もありますし、一般の消費者の場合もあります。
企業関係者が多く集まる展示会などの場合は、企業をアピールするだけでなく、ビジネスで便利に使える販促品を選ぶ、一般の消費者向け展示会の場合には、家の中で利用できる販促品を選ぶなどが大切です。
ターゲット顧客がどのようなユーザーであるのかにより、購入する商品も変わります。仮に、女性などの消費者相手に配布を行うのであれば、化粧品など小物を入れる事ができるポーチ、タオルやハンカチなどが喜ばれますし、企業相手の場合には社名入りのボールペンやクリア―ケースなどがビジネスの中でも使える定番グッズです。

名入れができるもの・できないものがあります

通販サイトの中には多種多彩なノベルティ品を取り扱っているお店も少なくありません。常時数万点ものグッズを販売しているお店などの場合、値段で絞り込んでから、ターゲット層に最適なグッズを絞り込むなど、グッズを絞り込むのも大変だと感じる人も多いのではないでしょうか。貰って喜ばれるもの、長く使い続けて貰えるものなどを選ぶ事が大切なので、じっくりと選んで購入するようにしましょう。
尚、通販サイトで販売している商品を買って配布するだけでは会社やお店の宣伝に繋がりません。名入れを行い、自社が提供しているグッズ、新装開店を行ったお店が配布しているグッズなどのアピールが重要です。
但し、通販サイトの中で取り扱っているグッズの中には名入れができないものもあるので、最初に名入れ可能なグッズを絞り込んでおくと良いでしょう。